内藤とKENTAは噛み合わない? ~新日2・1北海きたえーる大会感想~

新日2・1北海きたえーる大会結果

せっかく楽しみにしていた動画配信での内藤とKENTAの前哨戦ですが、まったく面白くないなかったです。ロスインゴファンからすると、KENTAのせいとなるかもしれないが、これは連帯責任でしょう。二人が噛み合わないということでしょう。なので、見せ場を作れないのだと思います。ちなみに、リング外(コメント)では、今のところKENTAの圧勝ですが・・・
このまま行くと、2・9大阪城ホールのメインが心配です。

そして、そのモヤモヤした気分の中、行われた第6試合ですが、こちらは見どころがあって良かったです。結果的に、鈴木軍の二人が優勢という形で前哨戦を終えましたが、明日のオカダとタイチの試合が本当に楽しみです。そして、大阪城ホールのモスクリーとみのるの対戦も楽しみです。このままだと、メインを食いそうですが・・・

続いて、セミですが、内容は置いておいても石井が勝ったと言う結果は良かったです。これで、EVILは4連敗となりますが、今後のことも考えるとこの結果で良かったと思います。いつかは勝つと思いますが、これからはその結果を出すまでのプロセスが大事になってくると思います。なので、この『石井対EVIL』と言うブランドをどんどん高めて行って欲しいと思います。

最後に、メインのNEVER無差別級ですが、この二人いったい何発ラリアット打つのかと・・ ラリアット禁止で試合したら試合できないタイプのレスラーかもしれないとつくづく思ってしまいました。
それと、セミとメインが同じ様な内容と言うか同じ様なテイストの試合と言うのはどうかと思ってしまいました。ただ、結果は大満足です。絶対、後藤より鷹木が持っていた方が良いので・・・ これで、無差別級の意味がちゃんと出ると思います。
あと補足すると、KENTAから鷹木に移動するのは色々と諸事情がありできなかったため、後藤を経由したと言うことでしょう。
それと、新日はWWEを目指しているのでしょうか・・ 次期挑戦者として指名されていたに等しいSHOが解説席に来ているあたりで、結果が見え見えだったのはどう捉えれば良いのでしょうか・・・




この記事へのコメント