ポイントはローキック ~2・9新日 内藤vsKENTA展望~

いよいよ明後日に迫った内藤とKENTAのシングルマッチ。

今日は、そのシングルマッチに期待を込めての展望を・・

この試合、ポイントは2つです。まずは、KENTAがNOAHでGHC王者だった頃に多用していた顔面又は側頭部への蹴りを出すかどうかです。これは、G1の公式戦では、飯伏戦で出していましたが、その後、会社からストップがかかったのか出していないと言うか厳密には決まっていません。オカダ戦で出しましたが、かわされたかブロックされたかで決まっていないはずです。もちろん、ここ最近は出していません。この蹴りが出ない限り、NOAH時代から見ていた者としては、物足りなさしかないです。森嶋元選手や杉浦選手なんかにガンガン蹴っていたあの蹴りを内藤が受けれるかどうか見たいです。

そして、2つ目は、『ローキック』です。1・6大田区大会で、1発しか出してしないですが、内藤の悶絶ぶりは鮮明に覚えています。内藤のニーパットの下にしっかりと巻かれているテーピングと今までの経緯を知っていれば、内藤の膝は万全ではないのは明らかです。その膝を狙わずしてどこを狙うのかと言った感じですが、ここもNGとなっていれば出さないはず・・ ただ、そう言ったのを度外視した試合を見たいのが本音です。本気で、相手を倒しに行くなら、内藤相手なら徹底した足攻めだと思うのですが・・
もし、それ無しで内藤が勝ったら、やらせ感が半端ないと判断します。ただ、以前、内藤vsみのるで、膝攻めを含め終始みのるペースで進んでいた試合が、終盤、内藤がちょこちょこと反撃して、最後はデスティーノで勝つと言うか消化不良な試合を見せられているので、その時の様な内容にならないことを切に願います。

個人的には、KENTA勝利を願います。そうなった時の展開が見たくて仕方ないです。自分も含めて少数派かもしれませんが、ここ最近の新日はマンネリ感があり、昔から新日を見ている者としては、何か刺激が欲しいので、親会社は変わっても新日らしさを見せて欲しいなと思います。やっぱ、全日系と違って、良くも悪くも様々な事が起こるのが新日の良さでもあるので、そうあって欲しいと思います。無責任ですが・・




この記事へのコメント